コンテンツへスキップ

近くの神社まで散歩がてら初詣に向かったら、参拝客で長蛇の列で断念。ちょっと前までは町中の小さな神社でほんと地元民しか参拝しなかったんだけど、数年前から下町八福神とかいうスタンプラリーを初めて初詣が激混みするようになった。他の○○七福神ってやつと違って、この下町八福神は各社のモチーフに七福神全然含まれていないんだけれどね。

先日はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8、LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8をそれぞれ比較してみましたが、今回は広角端12mm始まりのズームレンズ3本、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8、LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6を比較してみます。画像は露出優先(A)モードでF8.0に合わせて撮影しています。サムネイルをクリックすると原寸大画像へのリンクが開きます。
まずは広角端12mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 12mm
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 12mm
LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 12mm

35mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 35mm
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 35mm
LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 35mm

60mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 60mm
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 60mm

100mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 100mm

正直ぱっと見はどれがどのレンズなのかよくわかりません(笑)。等倍でよくみて見るとさすが「PROレンズ」を名乗るだけあって、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROが一段、解像度で上回っています。なるべく同じ画角に合わせたつもりなのですが、35mmではどうみても各レンズ画角が異なるように見え、LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 < LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 < M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの順に広角に見えます。また、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは60mmに合わせようとしても、どうしても61mmにしか合わせられませんでした。

それぞれレンズの重さは
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6: 210g
LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8: 305g
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO: 560g
です。LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの1/3の重さしかありませんが、写りはかなり頑張っているなという印象です。

LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8は通しF2.8の明るさは正義! LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6は軽量コンパクトで5倍ズームという便利ズーム、そしてM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは通しF4.0の8倍ズームで非常にハイグレードな写りと性格がそれぞれかなり違います。
旅行に持って行くとしたらどのレンズがいいのやら、非常に悩むところです。

ボディー側とレンズ側の手ぶれ補正機構が協調して非常に強力な手ぶれ補正効果を発揮すると言われているオリンパスの5軸シンクロ手ぶれ補正。果たして手持ちでどこまで撮れるのか、試してみました。

まずはPEN-Fの通常では最低感度のISO200で。さすがにシャッター速度2秒とか幾ら何でも無理に決まってるじゃんと思いきや、ななななんと!ほとんどブレは目立ちません。もちろん等倍に拡大してみれば若干ぶれているかなあと思えなくもないですが、iMacのRetinaディスプレイの画面サイズにフィットするぐらいの大きさではほとんどわかりません。

ISO200 ss2"

 

次はISO400。ssは1秒ですがもう余裕綽々。ほとんどブレはわかりません。おそるべきなのは同じISO400で望遠端の100mmで撮った写真。さすがにフルサイズ換算で200mmの望遠でぶれていないということはありませんが、それでも十分鑑賞に耐える画像です。ここまで望遠側だと昼間でも最低1/100ぐらいシャッタースピード欲しいなあと感じるところですが、0.8秒でこれだけ撮れてしまう恐ろしさ。

ISO400 SS 1"
ISO400 ss0.8" 100mm

 

そして、ISO3200で。ここまで感度あげるとシャッタースピードも1/8ぐらいになるので強めの手ぶれ補正搭載しているカメラならまあいけるかなというところです。ただ、ISO3200まであげると高感度ノイズとノイズリダクションの影響で解像度が落ちてくるため、手ブレよりむしろそちらの方が気になります。

ISO3200 ss1/8
ISO3200 100mm ss1/10

 

以上、手持ちで夜景がどこまで撮れるのかという実験でしたが、予想以上の手ぶれ補正の強力さで、びっくらこいています。撮影時は棒立ちで、特に手すりなどに体をもたせかけて撮ったわけでもないんです(息は止めてたかもしれませんが(笑))。旅先に持っていけば広角から望遠域、昼間も夜間も、今までシャッターチャンスを逃していたものがレンズ交換なしに撮れることでしょう。

番外編。このレンズは広角からテレ端まで寄れるのでこんな風にテレマクロ的な使い方もできます。

100mm テレマクロ的

新宿まで所用で出かけて来たので、今朝来たM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROでちょろっと試し撮り。新宿駅ではかつて在来線のあさま号で使われていた189系の車両があずさ号に使われており、珍しい運用なのか鉄オタさんたちがカメラ持って群がっておりました。
8倍ズームと考えるいうスペックを考えると非常にキリリとしたヌケの良い写りです。フルサイズ換算で200mm相当の望遠がレンズ交換なしで使えるというのも、今まで撮れなかったものが撮れるチャンスが増えそうで、旅行などでは非常に重宝しそうです。ただ、一部で言われているような「単焦点並みの描写」というのはちょっと大げさかなとはおもいます。

本レンズは手ぶれ補正機構を内蔵しており、オリンパスの新しめのモデルと組み合わせるとボディ側の手ぶれ補正機構と協調して最高6.5段分の補正が効くという仕組みを備えています。(5軸シンクロ手ぶれ補正)。確かにPEN-Fと組み合わせると補正効果は強力で、望遠端でもシャッター半押しするとそれまでゆらゆらと揺れていたファインダーの像がピタリと止まります。最後の写真はISO感度を200に下げてss1/10で撮影していますが特にブレは感じられません。きちんと構えてやればシャッター速度1秒でもぶらさずに撮影することが可能だそうで、今まで三脚がなければ撮れなかったようなシーンでも活躍しそうです。