コンテンツへスキップ

1

自分のMacには外付けのHDDを一台繋いでいるのですが、当初からディスクやディレクトリ、ファイルの所有権が全て<username>:staffになっており、いくらroot権限でchownを実行しても、エラーが全く出ないにも関わらず所有権の変更が反映されませんでした。ローカルで使用する分には自分のアクセス権さえ確保されていれば問題は少ないのですが、rsyncでlinuxサーバにバックアップする際にパーミッションが上書きされてしまい非常に困っていました。

これはどうしたらいいのか色々調べてみたのですが、割と簡単に修正できることがわかりました。

まず、外付けHDDを選択して⌘+Iを実行します(または右クリックで「情報を見る」を選択)。するとディスクの情報ダイアログが表示されます。まずダイアログの一番右下にある鍵のマークをクリックします。すると自分のパスワードの入力を促されるので、入力してロックを解除します。

次に画面の左下に「☑️このボリューム状の所有権を無視」というチェックボックスがあるので、ここのチェックを外します。

ここでダイアログを閉じますが、ボリュームの所有権がroot:wheelになってしまうので、そのままでは全くディスクにアクセスできなくなってしまいます。そこでターミナルを開き、Macのディスクマウントポイント "/Volumes"に移動します。

$ cd /Volumes

/Volumes ディレクトリでlsコマンドを打つとマウントされたディスクの一覧が表示されます。

ここで、先ほど「所有権の無視」のチェックボックスを外した外付けHDDを見つけます。次に以下のコマンドを打ちます。

$ sudo chown -R <あなたのユーザーネーム>:staff <外付けHDDの名前>

ユーザーネームがtaro、HDDのマウント名がexternalHDDなら

sudo chown -R taro:staff externalHDD

と打ちます。パスワードを求めてきますのであなたの管理者としてのパスワードを入力してください。

以上で外付けHDDの所有権の変更ができました。このあと下位ディレクトリの所有権、アクセス権はお好きなようにchown、chmodコマンドで設定してください。

Mac OSをSierra(10.12)かHigh Sierra(10.13)にアップデートしたあたりから、自分の環境下ではSpotlightが全く検索してくれなくなってしまい、えらく不便だったのだけれど、ようやく解決をみたので、備忘録

最初に現象に気がついたのはメールアプリで検索できなくなったことがきっかけだったので、これはメールボックスが壊れたかなと、Envelope Indexファイルの削除やメール.appでメールボックスの再構築などいろいろ試してみたもののまったく改善せず。仕方なくMS Outlookに移行してみたところ、Outlookでもどんな検索条件で検索しても常にresultは0件。

ははあ、これはspotlight検索がおかしくなっているのだろうとは容易に想像がつくが、システム環境設定のspotlightをみても、特にプライベート項目としてインデックスの作成が除外されているわけではなく、頭を抱えていた。

いろいろ調べるうちに、spotlightの制御設定を行うmdutilというコマンドがあることを知り早速調べてみた。ターミナルを開いて、

mdutil -s /

と打ってみると、

/:
	Indexing disabled.

と見事Macintosh HDまるごとspotlightのインデクシングが無効にされている。これを有効に戻すには、mdutilをスーパーユーザー特権で使う必要があるので、

sudo mdutil -i on /

と打てば良い。これでめでたくspotlightがハードディスクを検索してくれるようになる。spotlightのインデックス作成はむちゃくちゃ時間がかかるので、一晩ぐらいMacをつけっぱなしでほっぽっとく必要がある。外付けHDDを繋いでいる人はそちらもインデックス作成が無効になっている可能性があるので同様の処理をしたほうが良い。外付けHDDは通常 "/Volumes"にマウントされているのでそこでHDDのマウント名を調べて、同様に

sudo mdutil -i on /Volumes/<HDDのマウント名>

と打ってやるとインデックス作成をしてくれるようになる。

それにしてもシステム環境設定でこれぐらい表示してほしいよな。OSアップデートで勝手に無効にしておいて、それが見えないというのはほんとひどすぎる。

2

今住んでいるマンションは前の持ち主さんが数年前にリフォームをかけた後に購入しているので、キッチンや壁紙など内装は築年以上に新しくなっていますが、唯一手が入っていないのが浴室。竣工は1999年なのでもう18年も経つことになります。浴室は特に何か問題があるような所もなく、綺麗に使っているのでリフォームかけるかどうか微妙な所なのですが、唯一困っていたのが上がり框のゴムパッキンのカビ。カビ取り剤などを使ってこまめに掃除してもいまひとつ綺麗にならず悩みのタネでした。

もう20年も前のユニットバス製品だとメーカー自体もどんなゴムパッキン使っていたかなど把握していないケースも多く、そもそも把握していても在庫を持っていないことも多々あるとか。一応浴室の型番はわかるのですがメーカーに問い合わせるだけ時間の無駄と判断し、形状からなるべく似ているゴムパッキンをネットで探して注文してみました。購入したのはこちらの商品です。こちらの網戸サッシ部品窓の専門店 さんでは様々な種類のパッキンを扱っています。


外してみるとゴムパッキンはギリシャ文字のΩの字のような形。このΩ字の内部がびっしり黒くカビており、これではカビ取り剤を使ってもうまく綺麗にならないはずです。


全面外してみると、うんひゃあーーー。汚い。カビは比較的少ないものの水アカがびっしり。


外した後にカビ取り剤を使って清掃し、さらに特殊なプラスチックへらでカルシウムの固着汚れをこそげ落とします。(カルシウムはこそげ落とせたけれど、ペンキ塗りの部分が剥げてしまった。)


注文した新しいパッキンがこれ。形はほぼ同じですが、サイズがちょっと小さいので嵌るかどうかやや心配でしたがなんとか抜けたりすることなく嵌ってくれました。


完成! 今まで風呂の出入りの時にここが汚れているのがいつも気になっていたので本当に心が晴れ晴れとします。風呂のリフォームはもう少し先でもいいかなあ。

1

MacのOSがEl Capitan(OSX10.11)になってからというもの、マシンがスリープするたびに外付けハードディスクが勝手にアンマウントされてしまい、スリープから復帰するときに「ディスクの不正な取り出し」というメッセージが表示されるようになって非常に困っていた。

最初は外付けハードディスクの省エネモードが悪さをしているのかと思ったが、いろいろ調べてみるとハードディスク側の問題ではなくOSXのバグらしい。自分のケースではEl Capitanにアップデートしてから発生するようになったのだが、Marverick(OSX10.9)のころから確認されていた現象らしい。しかも、単純にスリープしたときに起きるのではなく、「スリープ時」に「iTunesが立ち上がっている」ときだけに起こる現象らしい。なんじゃこりゃ。 ... "macOS El Capitanの「ディスクの不正な取り出し」を回避するための備忘録" を続けて読む