コンテンツへスキップ

先日はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8、LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8をそれぞれ比較してみましたが、今回は広角端12mm始まりのズームレンズ3本、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROとLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8、LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6を比較してみます。画像は露出優先(A)モードでF8.0に合わせて撮影しています。サムネイルをクリックすると原寸大画像へのリンクが開きます。
まずは広角端12mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 12mm
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 12mm
LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 12mm

35mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 35mm
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 35mm
LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 35mm

60mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 60mm
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 60mm

100mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 100mm

正直ぱっと見はどれがどのレンズなのかよくわかりません(笑)。等倍でよくみて見るとさすが「PROレンズ」を名乗るだけあって、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROが一段、解像度で上回っています。なるべく同じ画角に合わせたつもりなのですが、35mmではどうみても各レンズ画角が異なるように見え、LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 < LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 < M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの順に広角に見えます。また、M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは60mmに合わせようとしても、どうしても61mmにしか合わせられませんでした。

それぞれレンズの重さは
LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6: 210g
LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8: 305g
M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO: 560g
です。LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6はM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROの1/3の重さしかありませんが、写りはかなり頑張っているなという印象です。

LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8は通しF2.8の明るさは正義! LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6は軽量コンパクトで5倍ズームという便利ズーム、そしてM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROは通しF4.0の8倍ズームで非常にハイグレードな写りと性格がそれぞれかなり違います。
旅行に持って行くとしたらどのレンズがいいのやら、非常に悩むところです。

ボディー側とレンズ側の手ぶれ補正機構が協調して非常に強力な手ぶれ補正効果を発揮すると言われているオリンパスの5軸シンクロ手ぶれ補正。果たして手持ちでどこまで撮れるのか、試してみました。

まずはPEN-Fの通常では最低感度のISO200で。さすがにシャッター速度2秒とか幾ら何でも無理に決まってるじゃんと思いきや、ななななんと!ほとんどブレは目立ちません。もちろん等倍に拡大してみれば若干ぶれているかなあと思えなくもないですが、iMacのRetinaディスプレイの画面サイズにフィットするぐらいの大きさではほとんどわかりません。

ISO200 ss2"

 

次はISO400。ssは1秒ですがもう余裕綽々。ほとんどブレはわかりません。おそるべきなのは同じISO400で望遠端の100mmで撮った写真。さすがにフルサイズ換算で200mmの望遠でぶれていないということはありませんが、それでも十分鑑賞に耐える画像です。ここまで望遠側だと昼間でも最低1/100ぐらいシャッタースピード欲しいなあと感じるところですが、0.8秒でこれだけ撮れてしまう恐ろしさ。

ISO400 SS 1"
ISO400 ss0.8" 100mm

 

そして、ISO3200で。ここまで感度あげるとシャッタースピードも1/8ぐらいになるので強めの手ぶれ補正搭載しているカメラならまあいけるかなというところです。ただ、ISO3200まであげると高感度ノイズとノイズリダクションの影響で解像度が落ちてくるため、手ブレよりむしろそちらの方が気になります。

ISO3200 ss1/8
ISO3200 100mm ss1/10

 

以上、手持ちで夜景がどこまで撮れるのかという実験でしたが、予想以上の手ぶれ補正の強力さで、びっくらこいています。撮影時は棒立ちで、特に手すりなどに体をもたせかけて撮ったわけでもないんです(息は止めてたかもしれませんが(笑))。旅先に持っていけば広角から望遠域、昼間も夜間も、今までシャッターチャンスを逃していたものがレンズ交換なしに撮れることでしょう。

番外編。このレンズは広角からテレ端まで寄れるのでこんな風にテレマクロ的な使い方もできます。

100mm テレマクロ的

発売直後から高倍率ズームレンズらしからぬ描写に大人気となったM.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PROレンズ。自分も注文入れていたのですが、届くのは年明けになるとのことで、2月の旅行までに間に合えばいいかと指をくわえて待っていたのですが、昨日友人から「アマゾンに在庫が数点出てるぞ!」との連絡が。速攻で注文入れたところギリギリで押さえることができ、今朝朝早くに届きました。

20161229 103926
まず箱からしてかなりでかいです。

20161229 103943
PEN-Fに装着するとこんな感じ。レンズのデカさを感じます。ボディとのバランスが悪いので普段使っていない金属製のグリップをつけてみたところ、ボディ側の重さが増して幾分良くなりました。

手持ちのLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8、LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8の2本分とこのオリンパスのレンズは焦点距離がちょうどカバー範囲が同じなので撮り比べをしてみます。

上の写真をクロップしたものです。

まずは広角端の12mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 12mm crop

 

LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 12mm crop

 

次に35mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 35mm crop

 

LUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8 35mm crop

 

LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 35mm crop

 

そして望遠端 100mm

M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO 100mm crop

 

LUMIX G X VARIO 35-100mm/F2.8 100mm crop

PanasonicのLumix GX7 mk2を衝動買いしてしまったので、PEN-Fとの比較。被写体がしょうもなくてすみません。
レンズはどちらもLUMIX G 20mm/F1.7 IIをつけています。Pモードで撮影しているので絞り値など合わせてありません。それぞれISO200、1600、3200、6400、12800で撮っています。

どちらのカメラもマイクロフォーサーズフォーマットとしては相当高感度は頑張っている感じです。強いて言えばGX7mk2の方がノイズは残しつつ解像感を保とうとする感じ、PEN-Fはノイズをなるべくなめる感じのように思います。

PEN-Fは電球色残しオフにするとホワイトバランスが本当に真っ白になってしまう一方、電球色残しオンでは光源によっては赤み、黄みが強すぎるなあというケースがあります。本当はこの中間ぐらいだといいんだけれど。