コンテンツへスキップ

さっぽろ雪まつり 食べ物編

今回の旅は雪祭り期間中でしかも三連休と、食べることに関してはどこも混んでいて大変だろうということで、予約を受けてくれるところを事前に予約したのみ、さほど気合が入っていたわけではないのですが、ラッキーも重なったりして結構楽しめました。

20110211-190131
札幌といえばジンギスカン。ここ、松尾ジンギスカン(通称「マツジン」)は最近銀座にも支店ができましたが、札幌行くと必ず行ってしまいます。揉み込みラムがとてもジューシーで、生ラムを単に焼くスタイルのジンギスカンより個人的には好み。食べ放題、飲み放題をチョイスしたのでお腹がパンクしそうになりました。

札幌といえばすすきの、とは言うものの、どこに飲みに行ったらいいかあまりよくわからないもんです。北海道に旅立つ数日前に、銀座で入ったバーの女性バーテンダーの方がたまたま北海道出身。札幌でおすすめのバーを聞いてみたところ、彼女が修行していた師匠の店と兄弟子の店を紹介してくれたので、二晩に分けて飲みに行きました。これまた泊まったホテルから歩いて3分という偶然で、飲み過ぎてしまいました。

20110212-004004
20110212-011240

20110212-003642
一軒目は兄弟子さん方でThe nano bar. というお店。どのカクテルももちろんうまいんだけれど、北海道産の野菜や果物を使ったデザート風のカクテルがすごく美味しかったです。二枚目が紫いものカクテル、三枚目がかぼちゃとダークラムのカクテル。辛党の人でも楽しめます。

二軒目は師匠のお店、Bar Proof。こちらはさすが師匠だけあって、正統派カクテルがどれもすごくおいしかったです。(ドライ・マティーニを飲み過ぎて写真を撮り忘れてしまいました。)

札幌を離れて旭川、小樽も巡ってきました。まずは旭川。お目当ては旭山動物園で、特に食事をする予定はなかったのですが、帰りの電車の都合で時間が空いたので、旭川ならここにいくしかない!という山頭火本店へ。

20110213-132647
20110213-131036

これ、塩ラーメンなんですが、甘みとコクがあってむちゃくちゃうまかった。豚骨をぐらぐら煮立てて油ギトギト獣臭いスープや、かつおぶし系のエグミを旨みと勘違いしている最近はやりの東京のラーメン屋どもはここの爪の垢を煎じて飲めといいたい。

次に小樽。ダメもとで当日予約を入れてみたら、カウンターは空いていないけれど小上がりならOKということで向かった伊勢鮨。運河からは結構離れていて当日は吹雪と言っていいほどの大雪、歩いて行くのは相当つらかったのですが、雪だるまみたいになりながら訪れた甲斐がありました。

20110213-180305
入り口もなんかいい雰囲気。寿司はもちろん、お通しから一品物、最後の味噌汁までうまくて大満足でした。

20110213-182947
20110213-183157
20110213-183216
20110213-183225
20110213-183802
20110213-190748
20110213-191142
20110213-192012
小樽、北海道産だけでなく全国から幅広くネタを仕入れているみたいで、どれもすごくうまかった!!!食べるのに必死で全部は写真取れなかったんだけれど、そのごく一部です。また行きたいなあ。

3 thoughts on “さっぽろ雪まつり 食べ物編

  1. ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。