コンテンツへスキップ

E-PL2キタ━(゚∀゚)━!

E-PL1の後継機E-PL2が1/28に発売となりましたが、カタログスペック上の改良点は背面液晶の解像度アップ、ISO6400対応、SS上限1/2000→1/4000、手ぶれ補正効果3段相当→4段相当、と、いままで上位機種の差別化のためだけにあえて低く抑えられていたリミッター解除といった趣のマイナーチェンジで、当初買うつもりは全くなかったのですが、どうしたことか、、、ふと気がつくとアマゾンで注文ボタンをクリックしている自分がおりました。。。

とりあえずぱっと撮りの比較だけ。リンク先は原寸大なのでファイルサイズは大きいです。レンズは標準キットレンズとして昨年末モデルチェンジされたM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6

iAuto比較(完全にカメラおまかせモード)

E-PL2
20110203-093405
E-PL1
20110203-093107

Pモード(仕上がりモード1(Natural))
E-PL2
20110203-093418
E-PL1
20110203-093120

今日はよい天気ですが、目で見た感じは下のナチュラルモードの絵に近い感じ。ナチュラルモード同士の比較でもPL2のほうがクリアでメリハリの聞いた仕上がり。iAutoモードだとPL1の場合上の写真のような晴天の景色ではご覧のとおり少し黄色かぶりして濁った色に撮れることがあったのですが、PL2は昔のキャノンのコンパクトデジカメみたいに「どひゃーーーうそくせーーー、でも綺麗」というぐらいに派手な発色。個人的にはとても好み。晴天風景に限らずPL1はややアンダー目で時として濁ったような眠い写りになる傾向があったので、その点はPL2は自分の好みにあっています。

PL1はローパスフィルタをかなり薄くして、解像感くっきりの写真が撮れるという定評がありましたが、一方で時に偽色やモアレがでやすいという声もあり、PL2では少しローパスフィルタの効果が強められたらしいです。その副作用で解像感モヤモヤになっていないかなと心配でしたが、このようなシーンでは特に気になりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。