コンテンツへスキップ

ちいさんは大抵自分の枕元で丸まって寝ていますが、ここ数日の寒波襲来で寒い朝はちょいちょいと前足で布団の裾を触ってきて、入れてくれと催促します。しばらくぬくまると「早く餌くれ」と鳴き始めます。そんな寒い冬の朝。