PanasonicのLUMIX G 20mm/F1.7 ASPHというレンズは明るさと描写の良さが評価の高い単焦点レンズで、使い勝手もよく自分も使用頻度が高いのですが、2chのデジカメ板・マイクロフォーサーズレンズスレで、E-M5に装着すると今ひとつという書き込みがあり、どんなもんかとPanasonicのDMC-GX1に装着した場合とで撮り比べてみました。両者とも撮影モードはA-mode, ISO200。GX1の超解像やダイナミックレンジコントロールはオフにしてあります。

OM-D E-M5 Lumix DCM-GX1
f1.7
(開放)
E-M5_1.7 DMC-GX1_1.7
f4.0 E-M5_4.0 DMC-GX1_4.0
f8.0 E-M5_8.0 DMC-GX1_8.0

うーん、開放f1.7だと両方ともやや甘い感じだけれど、特にE-M5との相性が悪いようには見えないですな…。スプレー缶の文字部を等倍切り出ししてみたのが下。F4.0が一番シャープ。F8.0まで絞ると回析ぼけなのかちょっと解像度が落ちます。GX1の方がむしろ文字の周りにちらほら偽色のようなものが見えるような。ぬいぐるみの毛の描写なども特にE-M5が悪いようには見えません…。どちらも開放ではやや周辺減光あります。

OM-D E-M5 Lumix DCM-GX1
f1.7
(開放)
E-M5_1.7 DMC-GX1_1.7
f4.0 E-M5_4.0 DMC-GX1_4.0
f8.0 E-M5_8.0 DMC-GX1_8.0

2

OM-D EM-5をPen E-P3、Lumix DMC-GX1と比較してみました。レンズはLumix G20mm/f1.7 設定はAモードでf6.3です。

E-M5の高感度にはPENユーザーとしては驚くばかり。ノイズは2Ev分は改善されている感じ。E-M5のISO3200がE-P3のISO800とほぼ同等のノイズレベルに見えます。強力な手ぶれ補正と相まって、明るいレンズをつければ夜景も手持ちで楽勝です。

こうして比較してみると、日頃批判されることの多いPanasonicのセンサーですが、GX1もかなりがんばっています。ISO6400まではE-M5と結構いい勝負しているように見えます。ノイズはやや多いですが粒状のいやな感じのしないノイズで、解像感はしっかり残っています。

 

E-M5

E-P3

DMC-GX1

ISO200

DMC-GX1_00200

E-P3_00200

DMC-GX1_00200

ISO400

E-M5_00400

E-P3_00400

DMC-GX1_00400

ISO800

E-M5_00800

E-P3_00800

DMC-GX1_00800

ISO1600

E-M5_01600

E-P3_01600

DMC-GX1_01600

ISO3200

E-M5_03200

E-P3_03200

DMC-GX1_03200

ISO6400

E-M5_06400

E-P3_06400

DMC-GX1_06400

ISO12800

E-M5_12800

E-P3_12800

DMC-GX1_12800

ISO25600

E-M5_25600