コンテンツへスキップ

Fujifilm X-T20が来た!

購入してしまった!最近人気が急上昇中の富士フィルムのミラーレスカメラXシリーズの最新モデルX-T20。兄貴分のX-T2やX-Pro2と比べると、100g以上軽く383g(バッテリー、メモリカード込み)。にも関わらず撮影素子や画像処理エンジンは上位モデルと同じ。4Kムービーや14枚/秒の連射機能など上位モデルのT2とほぼ同じで出し惜しみするところがない。省かれているのはメモリカードのデュアルスロットと防塵防滴機構ぐらいだろうか。

現在使っているマイクロフォーサーズ機のOLYMPUS PEN-Fよりも軽い。ここまで軽量コンパクトに仕上げられたのはボディ内手ぶれ補正がないからというのも理由の一つだろう。そこは購入にあたってかなり迷ったところなんだけれど、ASP-Cとマイクロフォーサーズに比べて一回り以上大きな撮影素子のお陰で高感度は強いだろうからISO6400とか常用になるならまあなんとかなるかと、Amazonで一月以上前にポチってしまった。

購入したレンズは換算50mm相当の単焦点レンズXF35mmF1.4 Rとキットレンズとしてついてきた換算27-82.5mmの標準ズームレンズXF18-55mm R LM OISの2本。レンズもボディもちょっとクラシックなデザインで昔の銀塩時代のカメラのような雰囲気がある。

X-T20+XF18-55mm R LM OISとPEN-FにLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8をつけたもので撮り比べ。全然厳密な比較じゃないですが傾向とか雰囲気とか見るためにいつもの場所でワイド端とテレ端を撮影した。PEN-Fのほうがだいぶハイライトが飛んでいる感じだけれど、これは素子の余裕の差なのかダイナミックレンジの設定なのか今ひとつわからない。X-T20にはダイナミックレンジの設定があってDR100、200、400、AUTOとあるのだけれど、何が違うのかよくわからない。今のところデフォルトのDR100で撮っているんだけれど、autoとかにすると何か変わるんだろうか。

さすがにASP-C機で画素数も多いこともあって解像度やダイナミックレンジ、その他の余裕は一枚上手のように見える、

しょうもない写真しか取れてないけれど、さすがASP-Cの大きさだとマイクロフォーサーズよりもボケは大きいなあとか、高感度のノイズは少ないなあとか(小並感)

4 thoughts on “Fujifilm X-T20が来た!

  1. マーロン

    ご無沙汰しております。お久しぶりです。
    新しいカメラ良いですね。センサーが良いものになると
    霞が取れて、ガラス戸を一枚開けたような印象を受けますよね。
    クリアですっきりヌケが良いんですよね。
    リサイズされててもそれが分かります。

    私も最近、遅ればせながらかねてより検討していた
    ルミックスのLX100を購入していじっております。
    私の愛犬が去年の7月に10歳で脾臓の腫瘍で突然他界して、
    今は猫だけがいます。そして、HNはその犬の名前という、状況を考えてみると、
    そういえば、ちょびすけさんと同じパターンですね。

  2. ちょびすけ

    >マーロンさん
    お久しぶりです! まあくんは亡くなりましたか。残念ですね。ご冥福をお祈りします。

    猫さんはムーンちゃんでしたっけ? もうずいぶん大きくなったことでしょうね。

    LX100、固定レンズながらマイクロフォーサーズのいいところをギュッとコンパクトに凝縮した感じのいいカメラですよね。

  3. マーロン

    そうなんです。
    去年の夏に突然他界しまして未だに軽くペットロス気味です。
    ムーンちゃんは可愛く元気にしております。4kgぐらいに育ちました。
    日本猫(雑種)の三毛猫です。
    LX100は本当に万能カメラで、便利に活躍しております。
    ズームレンズで解放f1.7とか、夢の気分です。
    あと電子式ファインダーも初めてなのですが、
    久しぶりにファインダーを覗く面白さを思い出しました。
    マルチアスペクトも楽しいし、私の使い方や好みに合ったカメラだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。